「節約」貯金の為に固定費を下げる3つのポイント

節約

この記事では、日々の生活での固定費を下げる3つのポイントについて説明します。

働いて稼いでいるのに貯金ができない〜

と、あなたは悩んでいませんか??

普通は働いてても給料はあまり上がらず生活するのでいっぱいいっぱいで貯金をすることができませんよね。

そんな時は月の固定費の支払額を見直すのをオススメします。

サラリーマンの場合給料を一万円あげるだけでもかなり大変です。

ですが、固定費を下げるのは意外に簡単なのです。以下の3つの項目を見直すことでおおよそ3万円は固定費を下げることができます。

ポイント1 携帯電話の料金を下げる
ポイント2 生命保険の解約
ポイント3 車両保険の解約
スポンサーリンク

携帯料金を下げる

auやソフトバンク、ドコモなどの大手三大キャリアの携帯電話と契約している場合、解約してLINEモバイルや楽天モバイル、ワイモバイルなどの格安SIM携帯に乗り換えます。

これにより携帯料金を1万円から2000円まで下げる事が出来ます。

私のオススメは楽天モバイルです。なぜなら楽天ポイントをかなり獲得しやすくなるからです。「節約」楽天モバイルの簡単なオススメ

 

生命保険の解約

病気や怪我などで入院などをした場合多額の費用が必要です。ですが高額療養費制度を使用すれば大幅に費用を下げることが出来ます。月に3万保険料を支払うよりもそのお金を貯金に回したり有意義に使用するのをオススメいたします。

独身であれば生命保険にあまりメリットを感じませんが、子供など扶養家族がいる場合は死亡保険だけ加入するのも有りです。

車両保険の解約

自動車保険で対人、対物の保険は無制限で必要ですが、車両保険は不要です。なぜなら車両保険を使用した場合保険料の等級が上がってしまい、来年の支払いが多くなります。なので使用しない保険は解約してしまいましょう。

ネットで契約するタイプの自動車保険が更にオススメです。私も保険料が半額まで下がりました。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?

ポイント1 携帯電話の料金を下げる
ポイント2 生命保険の解約
ポイント3 車両保険の解約

の3つの固定費を見直すだけで月に3万ほどはお金の出費を抑えることができます。

節約の第一歩は固定費を見直すことだと思います。

この記事で少しでも皆さんの役に立てたのなら嬉しいです。

コメント

  1. […] 「節約」貯金の為に固定費を下げる3つのポイント […]

タイトルとURLをコピーしました