固定資産税の計算方法とは?

未分類
固定資産税の納税日はいつ?
計算式ってどうやるの?

この記事はそんな疑問を解決する内容になっています。

なぜならこの記事を読むことによってついつい忘れがちになってしまう固定資産税の納税日や計算方法を学ぶことができます。

更に、知れば家計に役立つお得な支払い方法も記載しています。

この記事の前半では固定資産税の基本的な説明、そして後半ではお得な支払い方法を説明します。

スポンサーリンク

固定資産税とは

固定資産税とは不動産を所有しているかぎり毎年発生します。

税金の納税者

税金を納税するのは固定資産台帳に所有者と記載される人物(納税義務者)

売買などで実際の所有者が変更している場合でも1月1日付で個人資産台帳に記載されている人物が支払いを行わないといけません。

支払いの期限日

毎年の4月から6月に振り込み用紙と納税通知書が各市町村の役場から配送されてきます。

一括で支払うことも可能ですが、6月・9月・12月・2月と年4回に分けて支払う、支払い方法が一般的です。

誰が税金を課すのか?

不動産がある市町村に納付することになり、税金の種類としては地方税にあたります。

不動産を所有する人物がA市在住で、実際に所有する不動産がB市にある場合、固定資産税の納付先はB市になります。

固定資産税の計算式

固定資産税=課税標準×1.4%

お得な支払い方法

窓口での現金払いが一般的です。

ですが私はコンビニのセブンイレブンで使用されている、ナナコカードでの支払いをオススメします。

なぜならナナコカードで支払いを行う事によりポイントが還元されます。

通常の現金払いだと現金が消費されるだけでメリットがありません。

ですが、コンビニでナナコカードを使い支払うとポイントがついて大変お得な支払い方法となります。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ついつい忘れがちになってしまいがちな固定資産税の支払いですが、支払いを忘れてしまいますと高額な延滞金が発生してしまいます。

それを防ぐ為ににも固定資産税はしっかり期日までに支払いを行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました