相続税の税額控除 いざという時の為に

税金

相続税の税額控除についてわからないと悩んでいませんか?

このブログ記事では税額控除の内容を分かりやすく解説しています。

なぜなら税額控除を6つに分けて説明しているからです。あらかじめ、税額控除の内容を把握していくことで、遺産を相続する際に何をすればいいのかが見えてきます。

では、税額控除の「寄与税額控除」「配偶者の税額軽減」「未成年控除」「障害者控除」「相似相続控除」「外国税控除」6つ税額控除の説明をしていきます。

スポンサーリンク

相続税の税額控除の種類

寄与税額控除

生前寄与加算となった人物(相続開始3年内に寄与を受けた)が寄与税を課された場合は寄与税額を相続税額から控除できる

配偶者の税額軽減

配偶者の取得した財産が、「1億6000万円」、「配偶者の法的相続分」のいずれか多い金額までは相続税がかからない。

未成年者控除

相続や遺贈で財産を所得した相続人が未成年の場合、下記の計算式の金額を控除できる。

控除額=(20歳ー相続開始時の年齢)×10万 円

障害者控除

相続や遺贈で財産を取得した相続人が障害者の場合、下記の計算式の金額を控除できる

控除額=(85歳ー相続開始時の年齢)×10万円

かねき
かねき
特別障害者の場合は20万円となります。

相似相続控除

10年以内に相次いで相続があった場合一定の税額を控除できる。

外国税額控除

外国にある被相続人の財産を取得し、その国で所得税に当たる税金を課せられた場合、二重課税を排除するために、税額を控除できる。

まとめ

いかがでしょうか。

これまで、もし相続税が発生した場合の控除の種類がわからないあなたは、このように6つの税額控除の内容を把握することで遺産を相続する際の動きが見えてくると思います。

頼れる故人が去ってしまい最初は戸惑うかもしれませんが。適切に控除を行うことにより、故人からの最後の贈り物を受け取ることが出来ます。

ただ故人のをなくした悲しみにくれるのでは無く、自分自身で問題を解決するのも大切です。

この記事が少しでもあなたの役に立ってくれるのであれば幸いです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました