『円高』暮らしに影響『円安』

未分類

この記事では『円高』、『円安』をわかりやすく解説します。この記事を読むことによって円高、円安が暮らしにどう影響するのか、そして円高、円安がもたらす景気の良し悪しについて理解できます。

円高で売りを行ってしまって1億の損失が...
この様な状況にならないようにしっかり円高、円安を理解しておこう
かねき
かねき

スポンサーリンク

円高とは?

為替が円高になると輸入製品の価格が下がる。つまり物価が下がり、金利が下落します。

例えば「1ドル=120円」から「1ドル=100円」に為替レートが変化した際は、同じ1ドルを買うのに120円も必要だったのに、100円で買えるようになりました。つまり、ドルの値段が安くなり、円の価値が高くなったので円高になります。

円安とは?

為替が円安になると輸入製品の価格が上がる。つまり物価が上がり、金利が上昇します。

例えば「1ドル=100円」から「1ドル=120円」に為替レートが変化した際は同じ1ドルを買うのに100円だけで購入できたはずが120円も必要になってしまいました。つまり、円の価値が下がったので円安になったということになります。

かねき
かねき
「円高ドル安」「円安ドル高」はセットで覚えよう

暮らしにどう影響するのか?

円高の場合

外国の製品や原材料などが安く手に入れることができ、海外旅行にも安く行くことができます。だが、日本国内から海外向けに製品を輸出する際に高値になってしまい海外の顧客の購買意欲が薄れてしまう場合がある。

円安の場合

外国の製品や原材料などが高くなり、海外旅行費も高くなるが、ドルが高くなるので海外からの旅行者が気安くなり、観光地などデパートなどの売り上げが上がります。

かねき
かねき
円高、円安もメリット、デメリットがあり一長一短ですね

為替のメリット

為替の際は

預入時(1ドル110円×1万ドル)=110万円
払戻し時の為替が1ドル115円だったとすると、
払戻し時(1ドル115円×1万ドル)=115万円
払戻し時の価格115万円-預入時の価格110万円=5万円の利益(為替差益)

預入時(1ドル110円×1万ドル)=110万円
払戻し時の為替が1ドル105円だったとすると、
払戻し時(1ドル105円×1万ドル)=105万円
払戻し時の価格105万円-預入時の価格110万円=5万円の損失(為替差損)

引用: https://www.aeonbank.co.jp/foreign_deposit/special/169/

かねき
かねき
つまり為替の際は円高で買って円安で売ろう

まとめ

円安や円高の際はそれぞれメリット、デメリットがあるのでそれに応じて海外旅行に行くことや為替などをする事をオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました